2012年3月7日水曜日

なかなかできないけど……

海外ドラマ「24-TWENTY FOUR-」の
シーズン2を見終わりました。

毎回、「ここで、終わり?」と
次が気になり、つい見てしまいます。
寝不足気味です(-_-;)

今回の「24」のテーマは
リーダーシップかな。

特に、大統領(役ですけどね)の
「他人の気持ちと自分の気持ちを
混同しない冷静さ」には、
ひとこと「すごいな」と感心。

「こうすると、○○さんが喜ぶのでは」
という側近の言葉には、
「私は彼を喜ばせるために
仕事をしているのではない」

「○○さん(部下)が困惑するかと
思うのですが」という言葉には、
「それは(困惑している)彼の問題だろう」。

大事なことは、国と国民の為に
正しい決断ができるかどうかであって、
一人の部下の気持ちを
満足させるかどうかではないってこと。


人の気持ちを思いやる、
心から信頼する、
人の意見に耳を傾けるって、
すごく大切なこと。

でも、自分の進もうとしている道や
目的がハッキリしている時には、
相手の気持ちと少し距離をとり、
周囲の価値観や判断、言葉に
惑わされないことも必要なんじゃないか
……そんなことを思った私でした。

一人でのんびり散歩をしながら
自分と向き合う時間、
私は好きです。



2 件のコメント:

  1. ふふふっ
    大統領としてはいいのかもしれない。
    たくさんの人のための決断をする人に
    必要な資質なのかもしれないですね。
    でも・・・
    わたし、こういう人苦手なんです。
    わたしのやってること、言ってることにずばり
    「こんなことをしている場合ではない」
    と言われそうで・・・
    部下も国民の一人でしょうがと
    つっこみを入れたわたしでした・・・

    返信削除
    返信
    1. そのつっこみ、ナイスです!

      若松

      削除